トリアで脱毛!トリアの脱毛効果を徹底検証!!

日本国内で数少ないレーザー式の脱毛器の代表といえば「トリア」です。”レーザー脱毛” といえば、医師もしくは専門の脱毛士でしか施術を許されない脱毛方法で、その脱毛効果は ”永久脱毛” を謳うことが許されているほど。

使われているレーザーも実際に医療脱毛の現場で使われることの多い「ダイオードレーザー」と呼ばれる光。後ほど詳しくご説明しますが、脱毛効果的には他のどのレーザーにも勝り、今ではあらゆる業務用脱毛器に採用されています。

※ トリアは自宅であのレーザー脱毛ができる究極の家庭用脱毛器!

基本的に日本国内でレーザー脱毛という脱毛方法が許されているのは医療機関のみです。前述したように医師または相当の資格を取得した脱毛士にしか施術を許されていません。

なのになんで「家庭用脱毛器」という、脱毛に関してまったくのシロウトともいえる資格も持たない人間が誰でも使えるような道具として販売されているのでしょうか・・

トリアはレーザー脱毛器..なのに普通に市販されてるのはどうして?

 
トリア 脱毛
トリアは家庭用として誰もが安全に使用できるように考えて作られたレーザー脱毛器で、その安全性は生みの親であるアメリカでも認められています。

正確にはアメリカの『FDA(アメリカ食品医薬局)』という、日本でいうところの「厚生労働省」にあたる機関で正式に認可を受けた脱毛器なのです。

日本への輸入に際しては「脱毛器」ではなく「美容機器」という扱いになっています。
当然医療脱毛で使われるレーザーよりもかなり弱い出力設定となっているため、日本国内でも安心して使用ができる家庭用レーザー脱毛器として市販が許可されているワケです。

トリアで使われている”ダイオードレーザー”ってどんな光なの?

「ダイオードレーザー」は医療脱毛で使われる様々なレーザーのうちにひとつで、最も古くから使われているのは「アレキサンドライトレーザー」と呼ばれるレーザーです。その他にも、ヤグレーザーやルビーレーザーなど医療では様々なレーザーが使われています。

基本的に脱毛で使われるのはアレキサンドライトかダイオードが一般的です。特に最近ではダイオードレーザーが使われる業務用脱毛器が多く出回っているようで、いかにダイオードレーザーが、あらゆる毛質に対応していて用途が広いかということが伺えます。

アレキサンドライトレーザーに比べると、若干ではありますが痛みも少なく様々な毛質・肌質に対応できるレーザーということで徐々に評判が良くなってきたのでしょう。

トリアで使われているレーザーは、そのように医療脱毛の現場で大活躍しているレーザーです。家庭用として出力設定が弱められているとはいえ、回数を重ねて根気強く照射を続けることで、医療脱毛と同じ効果が期待できる家庭用脱毛器ということです!

トリアでの脱毛ってどんな感じなの?レーザー脱毛は痛みが心配!

 
トリア 脱毛

レーザー脱毛の唯一の欠点が「痛み」であることは、少しでも脱毛について学んだことがある人・医療脱毛を経験した人なら十分に理解できることだと思います。

トリアも同じレーザー脱毛器ということで、痛みに関して心配・不安という人は非常に多く、実際にトリアで脱毛をした人の中には、その「痛み」によってトリアでの脱毛を断念する人もいます。

|痛みがあるということは確実に脱毛できている証拠!

ですが、トリアでの脱毛はフラッシュ式に比べると脱毛効果を実感する速度も速いという利点があり、脱毛効果を実感するのが速いということは、照射するたびに痛みは徐々に薄れていくということ(徐々にメラニンの量が減ることで脱毛効果が上がると照射時の痛みがなくなる)。実際に痛みが強いのは、脱毛し始めの、毛根にメラニン色素がまだタップリある状態で生える気マンマンの毛がそこにある場合のみ!

そしてさらに言えるのが、「痛みがある」ということは毛根に確実にレーザーによる熱エネルギーが届き、毛根へのダメージが大きい証拠ともいえます。つまり確実に脱毛しているということに他なりません。

|トリアでの脱毛は痛い?!痛みを軽減する方法は?

”痛みは確実に脱毛している証拠” とはいえ、医療脱毛の時のように ”人から受ける痛み” と、トリアでの ”自分で与える痛み” とでは、やはり受けたときの心構え?が違います。よほどの「M」でもない限り、常識人としては自分で自分に痛みを与えることはできれば避けたいものです。

トリアでの痛みを最小限に!できる限り軽減するための方法としては、”日頃から注意するコト” と ”照射前にするコト” とで違います。

《照射前にする痛み軽減方法》

○ シェービング|トリアでの事前処理(シェービング)は、他のどのような脱毛方法であろうと必ず必要な作業です。ですが、フラッシュ式の脱毛のように照射日の1日〜2日以上前というような間を開ける必要はありません。ムシロ開けない方がいい、つまり照射当日のシェービングがのぞましいということです。というのが、トリアのダイオードレーザーはメラニン色素に強く反応するため、1mmでも余分に毛が伸びていたらその分痛みも感じやすくなる、ということ。シェービングは照射直前にキッチリ!シッカリ!できるだけ完璧に!おこないましょう。

○ 照射直前のクーリング(冷却)|トリアでの脱毛処理は事前の準備を万端にしておこなうことが大切です。例えば照射直前・直後の冷却は、痛みを抑えるためにも特に重要なため、かなりの量の保冷剤が必要になります。
照射直前にシッカリと冷却することがポイントで、皮膚の感覚が無くなるくらい冷却することでほぼ痛みを感じなくなります。トリアの照射後も皮膚が熱を帯びてかなり火照っている状態になりますので、できるだけ早く冷やして肌を鎮静させてください。

○ 照射直前にカフェイン系の飲み物を飲まない|カフェインには神経を過敏にさせる働きがあります。照射前に飲むことで痛みに敏感になります。処理前の飲酒も控えましょう。

○ 痛み止め/麻酔クリームを事前に塗る|市販の痛み止めクリーム(ラクサールクリーム・エムラクリームなどが有名)を照射する部分に事前に塗っておくという方法もあります。麻酔クリームは照射開始30分前には塗っておかないと効力が出るまでに時間がかかります。

《日頃から心がける痛み軽減方法》

○ 保湿|肌が乾燥していると、より痛みを感じやすくなります。日常的な保湿を心がけ肌を乾燥から守りましょう!

○ 日焼けをしない|日焼けをすることは皮膚の中にメラニン色素を増やすこと。皮膚の中にメラニンが増えると照射した光は毛根ではなく皮膚の方へと作用してしまうため、ヤケドなどのリスクが高まるのです。脱毛処理期間中の日焼けには十分に注意しましょう!

○ 睡眠不足にならない|毎日の睡眠がシッカリ取れていないと、やはり神経が過敏になり痛みを感じやすくなります。また飲酒をした後や体調不良(風邪気味)の時なども痛みを感じやすいことがわかっています。体調管理は万全に!

トリアの脱毛効果ってぶっちゃけどうなの?

実際にトリアで脱毛をおこなった人の口コミをみると、圧倒的に「痛み」に関する投稿が多く、それに伴って「効果はある」というものが多いです。中には「痛みがひどくて続けられない」という投稿もありますが、トリアはきちんとした痛み止め対策(とにかく冷やす!)をしていれば、そこまで我慢できないほどの痛みではないです。

レベル1や2で「痛い」と証言している人は、ろくに冷却対策をしないで、ただ痛みの度合いを検証しただけという可能性が高いです。

|トリアの脱毛効果はフラッシュ式脱毛器とは桁違い?!

トリアで脱毛をしたことがある人の口コミで、まず多かったのが「痛み」について、そしてその次に多かったのが何と言っても「効果の高さ」についてです。このサイトでも紹介していますが、フラッシュ式の脱毛器ケノンやレイボーテ・グランデなども確かに高機能・高性能で効果を実感できる脱毛器です。

が、トリアの場合、実感する早さが違います。早い人では1ヶ月〜2ヶ月の使用で実感する場合もあります。効果の出方には個人差がありますが、「毛が生えてくるのが遅くなった」という人や「まばらになった」という人、「毛が細くなった」という人も。

あくまでも効果には個人差がありますので一概に「効果がある!」と断言はできませんが、トリアを実際に使った人の多くが効果を実感していることは事実です。

|トリアは全身脱毛にも使える脱毛器?

トリアのダイオードレーザー照射光は、レーザーの特性上照射口が狭く、直径わずか8mmという小ささです。そのため狭い範囲ならいいですが、広範囲に及ぶ部位への照射にはかなりの時間を要します。

トリア販売元の部位別の照射回数の目安表によると、

トリア 照射回数

ちょっとわかりづらいですが・・トリアでの1回のお手入れの目安回数を図で表したものです。

ワキ(片方);100回/4〜5分.
ビキニライン(片方);200回/8〜10分.
鼻の下;25回/2〜3分.
太もも(片方);600回/25分〜30分.
脚下(片方);600回/25分〜30分.

となっています。照射回数と所要時間、どちらも個人差があるものなのであくまでも参考ということですが、時間に関しては痛み軽減のケアをしながら処理をすることを考えると、この時間では到底終わらないのではないかと予想されますが・・

とりあえず、このデータを参考にすると、全身の脱毛をトリアひとつでするとなると膨大な照射回数と膨大な時間が必要になることが伺えます。トリアのフル充電時の稼働時間は、およそ30分、そして充電回数の寿命は500回までです。

上記の表を元に、全身脱毛に必要な照射回数を計算すると、1回の「まるごと全身脱毛」にかかる照射回数はおよそ5000回。フル充電での稼働時間は30分ですので、1回の充電で600回(表参照)の照射ができるとしたら・・全身脱毛が終わるまでには最低でも8回〜10回の充電が必要ということ。

順調に照射をした場合、1回の「まるごと全身脱毛」に必要な充電回数は、多めにみて10回ということがわかりました。ということで、トリアでの全身脱毛は、トリア本体の寿命までには余裕で50回分もの全身脱毛が可能!ということになります

トリアって使い捨てなの?!

トリアは本体一体型の脱毛器ということで、内蔵されているリチウム電池は交換することができません。充電回数の寿命である500回に達成すると終了となります。まあ早い話が「使い捨て」です。

ですが!そこは販売元である「トリア・ビューティ・ジャパン株式会社」では、使えなくなったトリアを回収して新品の新しいトリアに交換できるシステムがあります。保証期間である2年以内であれば無償での交換になりますが、2年を経過してしまうと定価のおよそ半額くらいで新品を手に入れることができるんです!

これには多少条件がありますので、詳しくは公式サイトにいってみてください!!
 

↓↓↓