レーザー脱毛器国内シェアNo1!

今、家庭用レーザー脱毛器として、日本国内でNo1の売れ行きを誇っているのがこの「トリア」です。
 レーザー脱毛と言えば、フラッシュ脱毛よりも脱毛効果が高く、半永久的な脱毛が期待できるとされる医療脱毛の代表的な脱毛方法です。

※ トリアでの脱毛は医療にも匹敵する?

トリアの取説にこのような記載があります。

『将来、再び発毛を希望する箇所には トリア4x(トリアレーザープレシジョン)を使用しないでください。脱毛効果は永続的で元に戻せない場合があります』

これが意味するものはなんでしょう?
 つまり、トリアでの脱毛は 「一旦毛が抜けてしまうと2度と生えてきませんよ」と言っているのではないでしょうか。

トリアで脱毛するのは確かに痛い。
 ですが、この ”痛み” こそが まさに毛根にレーザーが作用して毛包の組織を破壊している何よりの証拠で、確実に脱毛が出来ているという証です。確かに医療レーザーの出力に比べると3分の1という出力のダイオードレーザーです。

が、この ”ダイオードレーザー” という特殊なレーザーを侮ってはいけません。出力が弱いといえどもダイードレーザーであることに間違いはありません。
3分の1の出力ならば、3回の照射で 医療レーザー脱毛1回分とみなすことができるのではないでしょうか。

”ダイオードレーザー” という特殊な光.

【ダイオードレーザーとは】
「ダイオード」という半導体を光源にしたレーザーで、波長が810nmと長めなのが特徴。”波長が長い” と言うことは、それだけ光が肌の深部にまで届く と言うことで、同じ医療レーザーの ”アレキサンドライトレーザー(波長755nm)” と比較すると、毛根のより深部にまで到達する事が可能と言う事。

また、波長を自在に変えることができるという特徴があり、800nm前後の波長は黒いメラニンに反応し、脱毛に使用される。そして500nm前後に調節すると、ヘモグロビンの赤い色素に反応するようになり、ニキビをはじめとする肌トラブルの治療に使用される。

ダイオードレーザー以外のレーザー(アレキサンドライトレーザー,ヤグレーザー,ルビーレーザーなど)では、”20J”という出力でもヤケドのリスクが十分に考えられ、家庭用脱毛器には向かないのです。
 その点、ダイオードという特殊なレーザーは、そのようなリスクは無く 家庭用として誰でも安心して使えるということなのです。

”ダイオードレーザー” の実力は脱毛だけにとどまらない!

「ダイオードレーザーは波長を変える事によって 様々な肌トラブルを解決する力がある」というのは前述しましたが、具体的にどうのようなトラブルに効果があるのか・・ 
実際の医療に於いて使われているダイオードレーザーは、ホクロやシミ・ソバカス などを傷跡などを残さずにキレイに治す事ができ、また肌のタルミや毛穴のの引き締めと言ったエイジングケアも可能です。

 そう言った理由で、「トリアで脱毛処理をするとなぜかお肌もトゥルントゥルン!」みたいな現象がおこるわけです。
特に日本人は皮膚そのものにもメラニン色素を含んでいる場合が多いため、毛根だけでなく 皮膚の組織そのものにも多少の干渉がある という事になります。ということは・・ もともと肌が地黒気味だった人でも、トリアで脱毛処理をしているうちに なんとなく色白へと変化していく という、いわゆる ”美白” 効果すら期待できるのでは? と考えることもできるでしょう。

実は、トリア販売元では、それに対応した製品もしっかりと取り揃えています。