家庭用脱毛器で全身脱毛!

今や “脱毛” と言えば、「全身脱毛」が当然のようになってきています。
 それを誘発したのは、言わずと知れた脱毛サロン。脱毛サロンが顧客獲得合戦を繰り広げる中、いかに自店の良さをアピールするか・・ というところから始まったのが発端ではなかろうか・・ と思うわけです。

“脇だけ” とか、”足だけ” の脱毛をするよりも、一気に全身脱毛をやった方がコスパがよく、「お得です」という事を言い始めたのです。そして実際にその方がお得なのです!

ですが、そこはプロによる全身脱毛。確かに 自分でするよりは断然キレイな仕上がりが期待できますし、コスパもいいのでしょう。 ・・とは言うものの、全身をするとなると やはり其れ相応の金額はします。トータルにすると10万〜20万はいくのではないでしょうか?

「美しくなるのに お金なんて関係ないわ!!」と、言われるような お金と時間に余裕があるセレブな女性はさておき、世間一般の・・ 多くの女性は、「できる事ならもっと安く、お手軽にキレイを手にいれたい!」と思っておられるのではないでしょうか。

そこで登場するのが 家庭用脱毛器 です!

家庭用脱毛器で全身脱毛はできるの?

では 家庭用脱毛器を購入したとして、全身の脱毛は可能なのでしょうか?
 
答えは、「YES」。 ・・ですが、家庭用脱毛器と名前がつくものすべて ではありません。除毛するだけならば 別ページで紹介した サーミコン式や電動式のコンパクトタイプのものでほぼ全身 “除毛” することもできます(vio 及びデリケートゾーンを除く)。ただし、キレイに “除毛” できるかどうかすら怪しいのがこのようなタイプの脱毛器。

 “脱毛” となると、それなりの出力を持った “フラッシュ式” もしくは、”レーザー式” の、
『本格派』家庭用脱毛器 でないと “全身” は難しいでしょう。
さらにいうと、デリケートゾーン・vio なども含めて本当に全ての部位を網羅する脱毛器 となると、”フラッシュ式” しか選択できないのが現状です。

vio・デリケートゾーンの脱毛はフラッシュ式?!

 なぜレーザー式の脱毛器はダメなのか・・・  
「ダメ」というか、家庭用脱毛器なので どう使おうが個人の自由 ではあるのですが・・ 

“レーザー式の家庭用脱毛器” で、今日本国内でシェアNo1を誇っているのは「トリア」 ではないかと思います。
 
“レーザー脱毛” というのは、経験のある人しかわからないでしょうが、痛いんです。
 トリアは、出力調整を5段階に設定することができますが、vioやその他のデリケートな部位に使用しようものなら 最低レベルの1でも痛い人は痛い んです!

その痛みに耐えつつ、それでもvioなどを脱毛しようとする人は、おそらく “M” の気があるのは? と疑いたくなります。
 ちなみに、トリア販売元では vioへの使用は禁止しています。
(正確には、vへの使用はOK。iとoは×です) 理由は、「臨床試験のデータがないから」ということです。つまり、”i,oでテストをしたことがない” ということですね。

なので どうしてもトリア(レーザー式脱毛器)を購入してvioを処理したければ、あくまでも「自己責任で」ということになります。

全身脱毛はフラッシュ式家庭用脱毛器が最適!

 と、いうことで、安全性なども考慮すると 全身(vio,デリケートゾーンなどを全て含んで)脱毛に最適な脱毛器は、フラッシュ式だということになります。
お金に余裕がある方は、”サブ器としてトリアを使う” という方法もいいと思います。
 家庭用とはいえ十分な性能を持ったトリアは、剛毛には抜群の効果を発揮します。部位によって使い分けができる なんてちょっと贅沢な感じですが、脱毛効果をより早く感じたいのであればオススメです!

で、フラッシュ式の脱毛器に話を戻しますが、”フラッシュ式の家庭用脱毛器” と言っても そこそこの機能を持ち ある程度出力もあるしっかりした物 となると、お値段も結構4〜5万くらいはしてきます。
 そうすると、下手に中途半端なものを買うより 始めっから最高の物を買った方が得策というもの。

つまり、買うのであれば 最初っから『ケノン』がオススメ!! ということです。