家庭用脱毛器でLet’s vio!
vioラインができる脱毛器とは.
&vio脱毛のやり方 〜vライン編〜

もはや常識ともなってきたvioライン(アンダーヘア)の脱毛。

VIOラインの脱毛ともなると「脱毛サロンや医療クリニックで処理をするのは抵抗がある」という人は少なくないと思います。そんな時、家庭用脱毛器があれば、自宅で好きな時間に、誰に気兼ねすることなくいつでも処理をすることができる!ということからVIO脱毛に関しては、脱毛サロンや医療クリニックでの処理から家庭用脱毛器へとシフトする人は意外と多いです。

ですがVIO脱毛の場合は、他の体毛とはちょっと訳が違ってきます。全ての体毛の中でもっともデリケートな部位であるにもかかわらず毛質的には剛毛、かつ密集している部分。どの脱毛器でもいいというわけにはいきません。

※ 家庭用脱毛器でVIOの脱毛をするにはどんな脱毛器を選べば良いの?

「VIO」というと他の体毛とは全く違い、形状的に見ても凹凸が激しく 全ての脱毛部位の中でも『超デリケートゾーン』に属する部位です。

色素沈着を起こしているケースも多く見られる部分ですので、照射の際にはそのようなリスクも十分に対処できる、高性能な脱毛器をチョイスしなければなりません。

そこで、「VIO(デリケートゾーン)の脱毛に適した家庭用脱毛器」とはどういう脱毛器なのか、VIO脱毛にオススメの脱毛器を徹底検証してみようと思います。かつ、V・I・O、それぞれの部位の脱毛の仕方についても解説していきたいと思います。

VIOラインが処理できる脱毛器ってどんなタイプ?

ViOラインの脱毛は、いくらフラッシュ式の脱毛でも 毛質的にはかなりの高出力を必要とする部位です。

高い出力の照射であればあるほど脱毛効果は目に見えて明らかで、効果を実感することができます。ですが ”VIOライン” は、場所的には全ての体毛の中で もっともデリケートで繊細な部分。

たとえフラッシュ式であっても出力が高ければ それなりに痛みを伴います。よって、VIOを脱毛するのに適した家庭用脱毛器である条件はかなり絞られてきます。

ほとんどの家庭用脱毛器は基本的にそのメーカー元で、VIOラインの脱毛を推奨していないケースが多く、Vラインはともかく 特にi,oラインの処理に関して「禁止」している脱毛器も少なくありません。

i.o部分の処理をする場合は『自己責任』においてのみ可能というパターンがほとんどです

そのためvioの脱毛が目的で家庭用脱毛器を購入する場合は、その辺の事情もよ〜く念頭に置いた上で選ばないと、「買ったはいいけど実際にvioで使えない」という最悪のケースになることもあるので注意しましょう。

『VIOに適した脱毛器を選ぶための 3つのPOINT!

【POINT①】 デリケートな皮膚には干渉せず、できるだけ毛根のみに反応させることができる!
VIO部分は、超デリケートな皮膚である上に下着の摩擦などによる色素沈着が激しい部位です。

そのため、いきなり高出力で照射されることがないように、出力設定を細かく調節できる高性能さを備えている脱毛器であることが大前提!となります。

脱毛器というのは名ばかりで、カミソリや毛抜きの形式とほぼ変わらず「皮膚への刺激や負担が激しいものは出来るだけ避ける」ということが重要です!コンパクトタイプの、いわゆる『除毛器』と言われるものですね。「熱戦でムダ毛を焼き切る」という ”ヒートカッター” 式の脱毛器や、ただ毛を引っぱり抜いたり 剃ったりといった ”シェーバー” 式のものは、結局皮膚への負担を増加するだけで、本当の意味での「脱毛」とはいえないでしょう。

【POINT②】 細かい凹凸にも対応できるほどに的確な照射が実行できる!
VIO部分はとにかく入り組んでいて凹凸が激しく、また人体の主要な機能を有している場所。

重要な人体機能に誤って照射することがないように処理時の保護も重要ですが、より正確に「脱毛したいムダ毛にピンポイント照射できる」ヘッドを搭載、もしくは交換カートリッジを保有している脱毛器が求められます

【POINT③】 痛みを感じやすい部分だからこそ、その痛みを少しでも軽減できる!
VIOラインの処理は、たとえ痛みが少ないと評判のフラッシュ式脱毛を行なっている脱毛サロンでも サスガに痛みを感じることがある場所。

そのような超デリケートな部位を「自分で処理する」ともなると、脱毛サロン以上の痛みを覚悟しておく必要があります。「痛み」に弱い人、「痛い脱毛が絶対にイヤ!」という人は、脱毛サロンと同じにできるだけ痛みを感じることが少ない「フラッシュ式」の脱毛器をオススメします

さらにいうと 出力設定が細かく調節できるものであれば、痛みに対する安心感がより違ってきます

VIOラインに最適!オススメの脱毛器はコレ!

上記のようなポイントを押さえて取捨選択していくと、vioの脱毛にもっとも適した脱毛器は必然的に絞られてきます。

当サイトがオススメするVIO脱毛のための家庭用脱毛器は以下の通りです!

 
 
超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

家庭用脱毛器
家庭用脱毛器ケノン
(2018年度 Ver7.1)

『エムロック/アローエイト』
・光源;キセノンフラッシュランプ.
Pulsed light(パルスライト)
・10段階出力調整機能搭載.
・ヘッド部カートリッジ種類 / ラージ,EXラージ,ストロング,新プレミアム.美顔 業界最多の5種類が付け替え可能!
照射面積最大 / 9.25㎠(エクストラCT/国内最大クラス)
最大照射回数 / 100万発(プレミアムCT装着/レベル1使用時).
ハンドピース重量 / 120g.
電源 / 100v(コンセント接続式).

ご存知の通り、ケノンは家庭用脱毛器の中でもダントツの売り上げで 国内ではトップクラスの人気を誇っています。ケノンがそこまで人気を博している理由は、やはり「VIO」などの超デリケートゾーンにまで対応できる機能を備えているからに他なりません。

《ケノンでVIO脱毛をするメリット》
○ 豊富なカートリッジの中から部位に合った最適なカートリッジを選ぶことができる.
ケノンのCTは、2017年のバージョンUP時 新たに『プレミアムCT』が仲間入りをし、全部で5種類ものカートリッジの中から自分で好きなものを選ぶことができます。

5種類のカートリッジはそれぞれに照射面積の違いがあるため、処理範囲や光量などが微妙に異なります。また形状も微妙に違い、VIOという比較的範囲が狭く 入り組んだ部位に最適なカートリッジは、ケノンでは「ラージCT・プレミアムCT・ストロングCT」などです。

○ ケノンの最高照射出力は脱毛サロンとほぼ変わらない?!よって脱毛効果は期待できる!
ケノンは度重なるバージョンアップにより その照射出力は、脱毛サロンなどの照射パワーと引けを取らないほどになっています。

ですが さすがに業務用の脱毛器と比較すると出力の設定において、業務用のような高出力は出せないという家庭用脱毛器。そのため、回数を重ねることで(2週間に1度の照射ができる!/脱毛サロンのように回数制限は一切ない!)脱毛サロンとほぼ同等の成果が期待できるものとなっています。

最近では脱毛サロンでも ”スピード脱毛” が主流になってきて、以前のように2ヶ月〜3ヶ月という長い期間を置かずに処理ができるようになりつつありますが、それでも早くて1ヶ月おきという処理間隔。ケノンの2週間に1回という早さには追いつけていません。

○ ケノンは他社機にない優れた機能が満載!
ケノン詳細ページを見ていただいてもお分かりの通り、ケノンには他社機にない様々な機能が数々搭載されています。

また、機能だけでなく品質面でも徹底的にこだわり抜いた配慮がされていて、ケノン販売元メーカーが「ISO9001」の取得企業でもある ということも見逃せないことのひとつです。

“ISO9001″は “品質マネージメントシステム” というもので、「現状の製品から より品質の高い商品作りを目指し、いい製品・もしくはサービスを提供することを目的」とする規格のこと。総体的には「製品作りの『プロセス』」を重要視し、

このプロセスが明確で、かつ キチンとしたプロセス通りの業務が行われていることが、結果として『顧客満足』に繋がるというのがISO9001の根本となる考えなのです。

このようにケノン販売元では「ISO9001」のように、常に会社が良くなるように その都度ルールを改正する仕組みを構築しています。
 
以上のようにケノンは機能だけでなく品質面においても徹底した管理体制でおこなっているという部分で、信頼できる脱毛器といえるのではないでしょうか。
 


 
 

 
レイボーテグランデ
家庭用脱毛器
家庭用脱毛器 Rei Beaute Grande
(レイボーテグランデ)

『ヤーマン株式会社』
脱毛と美顔をワンカートリッジで同時に?!
・光源/IPL光フラッシュ式.
・ 熱量調整 / 10段階.
・ 照射部 / カートリッジ交換方式.
・ ヘッド部アタッチメントランプ(カートリッジ)種類 / ラージ,スモール,フェイス,クールヘッド(別売)の計4種類が付け替え可能!

・ 照射面積最大 / 12㎠(国内最大級).
・ 最大照射回数 / 60万回(レベル1設定時).
・ ハンドピース重量 / 175g(本体重さ2.5kg).
・ 消費電力 / 最大約200w.
・ レーザープローブ装着でレーザー脱毛が可能.

ヤーマンから発売されているレイボーテ シリーズの最高峰『レイボーテグランデ』。「レイボーテシリーズ」の中で、唯一本体据え置きタイプ。本体に接続するプローブのカートリッジを交換することで全身くまなくどこでも使うことができます。

vioラインへの照射は、”スモールヘッドCT” が最適かと思われますが その辺はお好みで自由にチョイス!
《レイーボーテグランデ』の他社機にない機能》
その① 『レーザープローブ』(別売)
レイボーテグランデの他社機にない特徴としては、何と言っても付け替えのプローブの中に「レーザープローブ」があるということ。

発売当初はフラッシュ脱毛のみでしたが、後日 より頑固で太い毛の処理ができるようになるレーザー脱毛が可能な別売のハンドピース(プローブ)を導入しました。これによりvioなどの太くて密集して生えているしつこい毛にも対応できます。もちろん男性のヒゲにも!

その② 冷却機能可能なクールヘッドを装備(別売).
通常の家庭用脱毛器でクール機能を搭載している機種は数少なく、ケノンですら付いていません(ハンドピース自体を冷却するクールファンは搭載済み)。

脱毛処理の前後に、ヘッドを交換するだけで照射部分を冷却できるという機能は画期的ともいえます

その③ ラージヘッドの照射面積は業界最大クラス!
レーボーテグランデの標準搭載カートリッジ「ラージヘッド」の照射面積は12㎠!これはケノンのEXラージカートリッジを上回る照射面積で、業界最大クラス!

その④ チャージ時間がわずか 0.5秒!驚きの照射スピード.
チャージ時間とは照射と照射の間にかかる充電時間のことですが、これがレイボーテグランデの場合 わずか0.5秒!1回照射を終えたらチャージ時間を気にする事なくストレスフリーでチャチャっと処理を進めることができます。
 
以上のような点を総合すると、レイボーテグランデは ケノンと同様に・・あるいはそれ以上に業務用脱毛器に迫る、機能・性能に優れた本格派家庭用脱毛器である ということができます。
 


 

 
トリア プレシジョン

家庭用脱毛器

VALENTINE’S SALE 実施中!!
2018年2月14日まで!
家庭用脱毛器tria プレシジョン
トリアビィーティ株式会社
・幅約13x奥行約8x高さ約5(cm)
・本体220g/アダプター135g
・照射口:3.0×0.9(2.7㎠)
・3段階出力調整.
・充電式/フル充電後稼働時間;15分(目安)
・本体一体型リチウム電池内蔵.
・総重量;200g.

☆肌と目に優しい2つの安全機能付き.
「タッチセンサー」 「肌色センサー」
☆一般女性約5人分全身脱毛完了可能な15万発照射!
☆スピーディ照射で手軽に脱毛♪

日本国内で販売されている数少ない家庭用レーザー脱毛器のひとつ『トリア』。完全な「レーザー脱毛器」といえるのは、国内ではトリアだけです。

というのが、トリアは家庭用レーザー脱毛器として特許を取得しています。レーザー式の家庭用脱毛器がトリア以外出回っていないのは、この「特許」によって制限がかけられているため と考えられます

医療レーザーで使用する「ダイオードレーザー」の出力設定を下げて家庭用に改良したものが『トリア』です。

そして、トリアでもvioなどの狭い部分・凹凸があり処理が難しい部分に最適なのが この『プレシジョン』
4Xと変わらない出力であるにも関わらず軽くてコンパクトなボディで楽にサクサク脱毛処理ができます。

頑固でなかなか処理できない毛にはレーザーで一網打尽!
 
 


 

※ 家庭用脱毛器でVIOライン!処理の仕方を検証

VIO脱毛のやり方は、使う脱毛器によってそれぞれ微妙に異なってくるかと思います。ここでは 最も使用確立の高い “フラッシュ式” の脱毛器に焦点を絞って、その脱毛手順を細かく解説していきたいと思います!

基本的にどの家庭用脱毛器メーカーも、vioラインへの使用に関しては推奨していないところがほとんどです。トリアについては「実証データが無い」という理由で「iラインとoラインへの使用は禁止」しています。よって、どうしてもvio全ての脱毛をするのであれば「自己責任」のもとでおこなう必要があります。

vioの脱毛を自分でするという場合は、どのフラッシュ脱毛器を使う場合でも まずは「その脱毛器に十分慣れているコト」が重要です。

 vioラインは、皮膚がとてもデリケートだし、何よりも人間が生活していく上で主要な機能がある部分(i.oライン)です。そのような部位を、まだ不慣れな脱毛器で脱毛処理をするのはトラブルを招く行為。

ある程度 その脱毛器で他の部位を処理した経験があり、自分の毛周期や毛質が把握できている状態でvioに臨みましょう!

家庭用脱毛器で ”vラインの脱毛” 〜実践編〜

では実際に家庭用脱毛器でvioを脱毛処理する場合の正しい処理の仕方を、ニーズが多いと思われる ”フラッシュ式” の脱毛器を使った場合で簡単に解説してみたいと思います。

【vライン】手順その1.まずは形から!

vラインの処理をする上でまず重要なのは、形を決めるコト。
 自分がしたい “v” の型を決めないことには脱毛は始まりません。日本人女性に人気の形は、逆三角形・長方形・台形の3種類。さらに個性を求める人は、長方形をさらに細くしたものや、星型・ハート型 などもできます。

「形を決める以前に、タワシ並みの毛量をなんとかしたい」という人は、1回ないし2回、v全体を照射してみましょう。というのが、1度でもフラッシュ照射して抜け落ちた毛は、再度生えてくるときには 以前のように太くしっかりとした毛ではなく 弱々しく細い毛に生まれ変わる場合が多いから。

生えてくる毛の状態を見つつ 照射回数を調節すれば、自分でいい感じの毛量に調節できるでしょう

【vライン】手順その2.シェービング!

形が決まったら、型紙を作って その型紙に沿って 周りのはみ出した部分の毛をシェービングします。
家庭用脱毛器 自分で型紙を作るのが面倒な場合は、市販されている『アンダーヘア用スタイルガイド』などを事前に購入しておくと便利です。

右写真はケノンが本体と同時購入で販売している「アンダーヘアスタイルガイド」です。好みの形に沿ってカットするだけ。カットした部分をテンプレートとして、はみ出た部分の毛をシェービングすれば完了です。

家庭用脱毛器シェービング自体はカミソリでもOKですが、『vラインヒートカッター』『i.oライントリマー』など、熱線式のカッターや深剃り防止機能が付いた専用のシェーバーを使うと、デリケートなv部分の皮膚に負担がかからず、その後の照射にも影響しないので、肌トラブルのリスクが軽減されます。
             ケノン ioライントリマー(vラインでも使用可) →

 シェービングは 照射当日ではなく、事前に・・ 照射する前日 2,3日前には済ませておきましょう!(※ トリアの場合は直前でも特に問題ありません)

【vライン】手順その3.照射!!

いよいよ照射する際は、必ず! 付属 もしくは手持ち のサングラスを装着しましょう。
 そして、vioの部分は特に!なんですが、十分な冷却が必須です。保冷剤または冷却ジェル,なんでもいいですが、v部分の皮膚を冷やすことで痛みの感覚を鈍らせることができます。特にトリアのレーザーを照射する場合は、ほとんど感覚が無いくらい冷やさないとレーザー照射時の痛みはハンパないです。

また照射する際は、どの脱毛器を使うにしろ 必ず低いレベルから 徐々に高いレベルへ上げていく!ということを肝に命じてください。

【vライン】手順その4.クーリング&保湿.

vライン全体を照射し終わったら、1回目の照射終了です。
再び保冷剤(冷却ジェルなど)で、v全体を冷やすます。こうする事で、皮膚を落ち着かせ(鎮静)、毛穴を引き締める作用があります。

その後、手持ちの化粧水 もしくは美容液などで、「保湿」
家庭用脱毛器での脱毛処理は、フラッシュ式でもレーザー式でも基本的に照射の際、脱毛サロンのようにジェルを塗ったりすることをしなくていい(逆にしないほうがいい)です。余計な手間がいらないので、そこが一つ人気の理由でもあるでしょう。

ですが、照射後の皮膚を保湿・保護することは重要です!この一手間をするかしないかで、後々の仕上がりが一味も二味も違ってきますので無精することなくこまめにお手入れしましょう。

【vライン】手順その5.定期的な処理の繰り返し.

あとは、自分で決めた照射スケジュールに沿って、「定期的に照射を繰り返す」だけ。

ここで一つ。vの部分を型通りに照射していくと、どうしても光が当たらない部分との差がクッキリと、「V!」みたいな、明らかに不自然な感じに仕上がってしまいます。
 それを防ぐために・・ 最初の1回、もしくは、何度目かの照射ごとに、照射をしない部分(残す部分)の毛にも照射します。

これは、あくまでも毛の状態を確認しながら、1回ないし2回程度の照射にとどめておいてください。微妙なサジ加減が難しいかもしれませんが、こうすることで、より自然な感じで、「脱毛処理をした」という事がわからないような仕上がりになるかと思います。