家庭用脱毛器の効果を最大限UPさせる方法.

どんな家庭用脱毛器を使うにせよ、より脱毛効果を上げたい と思うなら、ある程度のルールが必要不可欠になります。そのルールというのは・・

“毛周期” に従って処理をする.

人の体毛には「毛周期」というものがあり、それに従って毛が生え変わっています。

毛周期は、成長期・退行期・休止期という 3つの段階に分かれています。
 脱毛器のフラッシュやレーザーは、メラニン色素に反応する性質を持っていますので、当然 “成長期の(メラニン色素を多く含んだ)” 毛にしか作用しません。そして、毛根に作用するのもこの時期の毛だけ。退行期にある毛は、メラニン色素は持っているため 光は反応するんですが、この時期の毛は 毛根からすでに離れているため、根本的な部分の 毛根までには作用しません。

なので 実質、今生えていない毛(休止期に入っている毛)と、生えているけど 毛根と接触していない毛 については、一旦抜け落ちて、また生えてくるまで待たないといけないわけです。

この毛周期のサイクルは、部位によって もしくは 人によって多少違ってきますが・・ だいたい2ヶ月〜3ヶ月位と言われています。
脱毛サロンや医療クリニックの施述の間隔が、数ヶ月間隔 というのはこのためです。

“性毛” と “無性毛” の違い.

今、身体中に生えている体毛というのは、すべて子供の頃から生えていましたか?

子供の頃から生えている毛(髪の毛など)が “無性毛”。
成長して大人になる段階の、第二次性徴期という、性的に成熟していく過程で生えてくる毛(脇毛やvioの毛)を “性毛” と言います。

この2つの毛は、毛周期がそれぞれ違います。
“無性毛” は、前述した通り2ヶ月〜3ヶ月周期なのですが、”性毛” の周期は、なんと1年〜2年!というから驚きです。
 多少の個人差があるにせよ、長すぎではないか・・ という感は否めませんが、そういう性質なので仕方がありません。

そういった事情を踏まえると、家庭用脱毛器でする処理の仕方も多少見えてくるのではないでしょうか。ちなみにケノンの場合、取説には脱毛処理の間隔を2,3週間としています。ですが、その間隔で実際に処理をし続けた場合、ショット数を無駄に消費していることにはならないでしょうか。

無性毛にはその間隔でも効果があったとしても、性毛には・・ 「ようやく全身の脱毛が終わったー」と安心した頃には、ワキやvioからは 次に生えてくる休止期から目覚めた毛がニョキニョキ生えてくるわけですから。

なるほど「脱毛器が効果がない!」って言われる理由がわかるというものです。
 
 
以上の点を考慮した上で、脱毛処理を工夫すると 徐々に脱毛効果もUPしてくるのではないでしょうか。