フィリップス『ルメア』脱毛器がなんか気になる!脱毛効果や性能を検証!

「フィリップスエレクトロニクスジャパン」から発売されている『ルメア』なる ”光美容器” が気になる今日この頃。形状としては『トリア』やブラウンの『シルクエキスパート』・パナの『光エステ』などと同じ本体一体型です。

ルメアは上位機種も含めて数種類が販売されています。

※ 『ルメア』の購入を悩んでいる人必見!性能や脱毛効果を徹底検証!!

家庭用脱毛器は常に進化し続けていて、今やあらゆるメーカーから様々な機種が販売されています。

特に ”光フラッシュ式” の脱毛器は各メーカーが熾烈な争いをおこなっていて、その性能・効果・価格を競っています。

そんな中で、ランキング上位に食い込み、不動の人気を得る機種というのは機能性・デザイン性に優れ、当然効果もちゃんと見込めるもの。

今回はその不動の人気を誇っているオランダ発祥の有名家電メーカー「フィリップス」から販売されている脱毛器(公式名称は ”光美容器”)『ルメア』についてみていきましょう!

フィリップス『ルメア』ってどんな脱毛器?

フィリップス 光美容器 ルメア プレステージ パールホワイト SC2009/70
家庭用脱毛器

ルメア プレステージ パールホワイト
SC2009/70 Philips(フィリップス)
《スペック》
○ 照射回数/約25万回(レベル5).
○ 光源/IPLフラッシュ.
○ 照射出力/5段階.
○ 口径(フラッシュ発射口)/最大(からだ用)4.0㎠/顔用・ビキニ用2.0㎠.
○ 連続フラッシュ機能付き.
○ 電源/充電タイプ.
○ 付属アタッチメント/顔用・からだ用・ビキニエリア用.
○ 本体重量/538g.

光美容研究で13年という歴史を誇るフィリップスの光美容器。ヨーロッパでは5年連続で売り上げNo1!

販売台数は130万台を突破という『ルメア』シリーズ。

画像は、そのルメアの最上位機種「プレステージ SC2009/70」です。

ルメアシリーズで人気の機種は3つあります。ひとつはこの『プレステージ』。そしてもうひとつは『アドバンス』(シャンパンピンク×ホワイト)。さらにコンパクトタイプの『エッセンシャル』です。

これらのシリーズがどれも最高レベル「5」の状態で照射回数が25万回(エッセンシャルのみ20万回)!!という脅威。最近でこそケノンの『プレミアムCT(業界最高100万発!)』が登場するまでは、業界最多の照射回数を誇っていました。

にも関わらず価格は、プレステージ以外ケノンを大幅に下回ります。まさに費用対効果のバランスは最高クラスといえるでしょう。

|照射2回で効果を実感できるってホント!?

ルメアシリーズは色の濃い毛(濃い金色・濃い茶色・黒)に、より効果的に反応しメラニン色素がほとんどない毛の色(赤・白金・白)には反応しません。よってアジア系(日本人含む)人種の濃い毛の色には確実に反応するため、ユーザーの使用テストでは82人もの人が「わずか2回のケア(照射)で効果を実感した」という事実があります。

そのような高い効果が口コミから口コミを呼び徐々に広まっていって人気が上昇!世界トップクラスの商品開発力を誇る多国籍企業「フィリップス」がほこれる家庭用脱毛器といえるでしょう。

ルメアで採用されているフラッシュはIPLという光で、その熱エネルギーは毛根を刺激して毛の成長を抑制します。毛が再生する周期を考慮した処理頻度を守って照射を続けることで、確実に効果を実感できるのです。ですが、2回目で効果が出たといっても継続しなければ元に戻ってしまいます。さらに効果を実感するためにも定期的なケアが重要になります。

|ルメアが1台あれば全身を網羅して処理ができる!

ルメアは全身、場所を選ばずに使えます。ヘッド部分のカートリッジが、顔用・からだ用・ビキニエリア用 と自由に交換できるので、顔のムダ毛処理をするときには顔用のアタッチメントを使えば、凹凸の激しい顔の皮膚の細かい部分にもフィットして肌への安全性も高まるフィルターに守られ安心。

さらにビキニラインの処理も、太くて剛毛な毛質にも対応できる強い光が照射できるvio用のアタッチメントに交換することで、より効率よくvioのムダ毛を処理することができます。

|使えば使うほど効果を実感でき、美肌にも効果あり!!

ルメアは、使えば使うほどに美肌効果も期待できます。ルメアシリーズは、皮膚科医との共同開発ということで、肌への優しさを追求するため2,000人以上もの女性を対象にテストをおこなって開発がすすめられました。

そしてルメアに使われているIPLという光は、もともと美容エステ業界では ”フォトフェイシャル” として使われていたものです。なので特にルメアに限ったことではありませんが、光フラッシュ脱毛では照射する頻度が多ければ多いほど美肌効果も期待できるのです。

毛抜きやカミソリでダメージを受け炎症や埋没毛になってしまった毛根、下着の擦れで色素沈着を起こしてしまって黒ずみ、元に戻らなくなってしまったiラインなども、照射を繰り返すことで徐々にキメの整った美しい明るい肌へと変化させることができる可能性があるのです。

実際にルメアシリーズを使った人の口コミが知りたい!

ルメアの購入を悩んでいる人が絶対に参考にするべきは、実際に使った人の口コミです。ルメアに限ったことではなく、実際にその商品を使った人の感想は何より真実味があり役に立つ情報となります。

では実際ルメアを使った人の口コミを一部抜粋します。(出典;@cosmeAmazon

> ヒゲにも効果あり!男性ですが、購入して1ヶ月〜2ヶ月になります。もともとヒゲは薄い方ですし基本ヒゲには使用できないと書いていますが、そんなことなかったです。髭剃りをした後に使用しています。鼻の下・顎の真ん中は青髭すらなくなりました。効き目すごいです。男のヒゲにも効きます!

> 諦めずに使い続けると・・最初の1回目から期待してはいけません。2週間ごとに地道に使い続けていると・・確かに!確かに毛の生えてくる期間がちょっとづつ長くなっているのが実感できるようになり、毛の量も減っています!フラッシュ式なので永久ではないので、使い続けなければいけませんがまったく苦になりません。マイナス点を挙げるとすれば、充電が切れるのが早いこと。あとちょっと重たいので手が疲れる。でも使い続けます!

> 無理なく続けられる手軽さと十分に感じられる効果とのバランスが特徴。実際に利用してまず感じたのは「お手軽感」。家庭用コンセントでの充電と消耗品の追加もなく、気軽に続けられるのが嬉しいです。効果も回数を重ねれば重ねるほど綺麗になるのでモチベーションが保てます。各部のデザインも扱いやすくて、肌への負担もしっかりと配慮されているため安心して作業を続けられます!

> 脱毛サロンだと費用もかかるし、何より毎回予約を入れたりするのが面倒。これは、まずコードレスなのがいい!照射したい部分に当ててスイッチを押すだけでとても簡単です。確かに2回目でも雨量が少なくなった気がします。これからは可能な限り全身に使ってムダ毛とサヨナラしたいと思います。

満足している人の口コミは数多く、何より使った人の多くは「効果の高さ」を強調している人が圧倒的に多いことに気付かされます。続いてあまり満足できなかった人の投稿を数件抜粋しておきましょう。

> なかなか効果を実感できない・・自分はかなりの剛毛で夏場などは結構苦労していました。そこでこの製品を知り飛び地きましたが、使い続けて3ヶ月。まったく効果がないというわけではありませんが、なかなか実感し難いと感じています。今でも2週間おきに処理(最高レベル5で。結構痛い)していますが、2〜3日置きのカミソリの処理が欠かせません。このまま続けていればもっと効果が見えてくるのだろうか・・

> 気長に使いましょう・・数ヶ月間利用しています。効果はやはりけの濃さに比例すると思います。早いと数週間で、濃い部分でも定期的に使用していれば徐々に効果は感じられます。即効性があるよりも徐々にという方が安心感があっていいのですがレベルMAXの場合部位によってそれなりに痛みがあるのが少々不満です。

フィリップス『ルメア』シリーズの口コミを見ていると、本当に低評価の投稿が少ないです。

フィリップス『ルメア』シリーズって何種類?

ルメアシリーズはどの機種も非常に人気があります。では、それらの人気の機種をひとつひとつご紹介しましょう!

まず冒頭から掲載している機種は、ルメアの最上位機種『プレステージ』(パールホワイト SC2009/70)です。このプレステージのみコードレス使用で充電タイプです。手の届きにくい場所でもストレスフリーでスイスイ作業ができるというメリットが!

充電器は海外仕様対応型ですので海外旅行にも持っていこうと思えば現地でも使えます。充電時間は100分でフル充電時の照射可能回数は370回以上となっています。

照射口も広めの設計となっていますのでスピーディに処理ができ、脇だと片方約1分足らずで終了できます。処理時間の短さ・手軽さは定期的な処理には非常に重要です!

フィリップス『ルメア プレステージ パールホワイト SC2009/70』を 楽天で見る >>
Amazonで見る >>
Yahoo!で見る >>

 
ルメア アドバンス シャンパンゴールド SC1999/70
家庭用脱毛器

ルメア アドバンス シャンパンゴールド
SC1999/70 Philips(フィリップス)

そしてこちらがプレステージに続く機種で、ルメアシリーズでは1番人気!
《スペック》
○ 照射回数/約25万回(レベル5).
○ 光源/IPLフラッシュ.
○ 照射出力/5段階.
○ 口径(フラッシュ発射口)/最大(からだ用)4.0㎠/顔用・ビキニ用2.0㎠.
○ 連続フラッシュ機能付き.
○ 電源/コンセントタイプ(交流用100v-240v,50/60Hz,消費電力40w,コード1.95m).
○ 付属アタッチメント/顔用・からだ用・ビキニエリア用.
○ 本体質量/360g.

プレステージとアドバンスの相違点は、若干のフォルムと電源の仕様だけ。アドバンスの電源はコンセントタイプなので充電が不要。電池切れの心配がなく自分のペースでゆったりと好きなだけ使えます。

ヘッドのアタッチメントもプレステージとほぼ同じ。顔・ボディ・vioラインと使いわけが可能です。

出力調整も5段階。広範囲の部位も簡単に照射できるスライド連続照射機能もしっかりと付いています。もちろんワンショットづつでの照射も可能です。

ルメアシリーズは基本的にカートリッジの交換などはしていません。購入した段階で全ての部品が付属されていて、使い切ったら終わり。そのための照射回数25万回という、最高クラスの照射回数となっているわけです。ちなみにケノンは

フィリップス『ルメア アドバンス シャンパンゴールド SC1999/70』を 楽天で見る >>
Amazonで見る >>
Yahoo!で見る >>

 
ルメア エッセンシャル ピンク SC1984/70
家庭用脱毛器

ルメア エッセンシャル ピンク
Philips(フィリップス)
《スペック》
○ 照射回数/約20万回(レベル5).
○ 光源/IPLフラッシュ.
○ 照射出力/5段階.
○ 口径(フラッシュ発射口)/ 4.0㎠.
○ 連続フラッシュ機能付き.
○ 電源/コンセントタイプ(交流用100v-240v,50/60Hz,消費電力22w,コード1.95m).
○ 付属アタッチメント/ からだ用のみ.
○ 本体質量/206g.

ルメアシリーズの中で、最小モデルにして超コンパクトなエッセンシャル。旅行や出張などちょっとした外泊に、またそうでなくても普段から持ち歩きが可能なくらいのコンパクトさです。

照射口はからだ用の4㎠のヘッドオンリーですが、その他の機能、連続スライドフラッシュ・5段階出力調整・肌色センサーなどといった上位2機種とほぼ同じ機能が搭載されています。

ヘッド(カートリッジ)を交換しなくていいのであれば、重量が軽くて取り回しがしやすいエッセンシャルがイチバン使いやすいのではないでしょうか。

最大照射回数も上の2機種には及びませんが、20万回(最高レベル5で)という、最近までのケノンの最高照射回数と並ぶ回数を保持しています。小さいながらも驚異的な性能を持った家庭用脱毛器といえるのではないでしょうか。

ひとつ不満を挙げるとすれば、せめてコードレス(コンセント不要)で充電式だったらもっと良かったのではないか ということくらいでしょうか・・ですが「充電を気にしなくていい」という面では、コンセントの方がいいと思う方もいるでしょう。

フィリップス『ルメア エッセンシャル ピンク SC1984/70』を 楽天で見る >>
Amazonで見る >>
Yahoo!で見る >>

 
 
以上の3機種がルメアシリーズの代表的な脱毛器(フィリップスでの正式名称は ”美容器”)です。好みは人それぞれだと思いますが、全身脱毛を目指すならコードレスでストレスなく取り回しが可能な最上位機種のプレステージ。

そこまでしなくてもいいからそこそこ機能もあって充電時間が気にならないアドバンスでいい!という方も。そして持ち運びもできて、手の疲れも気にならず機能も負けてないエッセンシャルは、お金に余裕があればサブ機として別に持っていてもいいかもしれません。

フィリップスルメアでサロンレベルの効果を得る使い方は?!

フィリップスのルメアシリーズは正しく使うことでサロンレベルの仕上がりが期待できるとされる家庭用脱毛器です。それなりの高い効果を実現するためには、ルメアを正しく使うこと。そして処理前後のケアが必要不可欠になります。

ではルメアシリーズの正しい使い方をご紹介しておきましょう。

|ルメアの効果を最大限発揮する使用方法.

1.処理前のシェービングは必須!

ルメアを使う時だけに限りませんが、照射前のシェービングはどの脱毛器でも脱毛サロンでも医療クリニックでもおこなうことが徹底される基本中の基本。

処理をする前日2日〜3日前には脱毛する部位を綺麗に剃って、潤い保湿ケアを!!潤いのない乾燥した肌のまま処理をすると肌が敏感になり、痛みを感じやすくなったり照射した箇所の肌トラブルが起こりやすくなったりします。

肌への負担を少しでも軽くするためにはカミソリではなく電動シェーバーを使って処理を!

2.ルメア始動!

プレステージは前もって充電しておく。アドバンス・エッセンシャルはコンセントを差し電源を入れる。

プレステージ以外の機種は全てコンセントタイプなので気軽に始められますが、プレステージの場合は事前の充電が必須ですので忘れずに準備しておきましょう。

3.照射レベル・照射パターン(連続or単回)を調節.

脱毛する部位に合わせた照射出力を設定して、照射方法(連続か単回か)を決めます。ルメアは『肌色センサー』が搭載されていますので、自動で肌の色を認識し ”濃すぎる” と判断した場合は自動で停止。照射ができなくなります。

標準的な肌色で毛の色が黒という場合は、出力レベルは3〜4が推奨というコトです。

4.照射開始!

ではいよいよ照射していきます!ルメアのヘッド部分を肌に垂直に当て、本体のちょうど背に当たる部分のLEADYランプが緑色に点灯したら照射OKのサインなので即座にボタンを押します!

バシッという音ともに一瞬フラッシュが点灯。この時シェービングがキチンとできていなかったり、保湿ケアを怠っていると痛みの原因になります。

ルメアシリーズには全ての機種に「誤照射防止機能」が付いていて ”安全リング” が作動します。したがって、骨ばったスネや膝小僧・vioラインなどの凸凹が激しい部位は、当て方や角度をうまく調整して工夫しないとLEADYランプが緑色に点灯しません。

凸凹の激しい部位は、エッセンシャル以外の機種では「顔用」や「ビキニライン用」のヘッドに取り替え、利き手ではない方の手でうまくサポートしながら照射するなど、使っていくうちに徐々にコツもつかめてくるでしょう。

5.照射終了後のアフターケア.

前述したように家庭用脱毛器での脱毛処理は、照射したらそれで終了ではありません。照射後は必ず「保湿ケア」を忘れずにおこないましょう!

肌の弱い人は照射の熱で皮膚表面がかなり火照っている可能性がありますので、冷やしたタオルや保冷剤などを使って肌を「鎮静」させることも忘れずに!!

ルメア脱毛器の痛みについて知りたい!!

痛みについては個人差もありますし、処理前後のケアの頻度にもよって違ってきます。多少の痛みがあってもルメアの場合、出力の調子が手動でできますので、あまりにも痛い場合は出力設定を低くすることで解決します。

痛みを感じやすい部位はほとんど決まっていて、脇やvioなどのデリケートゾーン、さらに色素沈着で黒ずみの激しい部分です。黒ずみが激しい場合は、肌色センサーが自動認識して照射を停止しますので問題ありませんが、そうではないデリケートゾーンの場合は出力を調整するなどして対策をする必要が。

ただ、痛みと脱毛効果は比例するので、痛みを避けるあまり出力を低いままで照射していると、いつまでたっても脱毛効果を実感できないということになります。当然ですが高出力になればなるほど痛みは感じやすくなります。

Philips 脱毛器ルメアのメリット・デメリット.

ここまでルメアについてみてきましたが、実際にルメアで脱毛処理をする場合のメリット・デメリットを他の脱毛器との比較を挟みつつあげていきたいと思います。

【メリット】
・使えば使うほどに確実に効果を実感できる.
・ケノンやレイボーテグランデのような本格派脱毛器よりも安価な価格で購入でき、全身脱毛が数十回分も可能(顔・ビキニラインもOK).
・脱毛だけでなく美肌効果も期待できる!
・面倒な付属品の買い替えなどがなく使いやすい.
・内臓UVフィルター・セーフティシステム搭載・肌色センサーなど、とにかく安全性抜群!
・数種類の機種から自分にあったものを選べる.
・男性のヒゲにも対応できる.

といったようなメリットがあげられます。では逆にデメリットは・・というと。

【デメリット】
・本体一体型のため重量があり、長時間の処理ができない.
・替えのカートリッジなど消耗品の取り替え・買い替えシステムがないため使い切り(照射回数を消費したら終わり).
・購入時、お店によって価格のばらつきがあるためイチバンお得な場所を探すのが大変.
・照射回数の残量表示がないため、後どれくらい使えるのかがわからない.
・皮膚の黒い部分は自動的に照射がストップするのが煩わしい.

など、メリットとしてあげた部分が逆にデメリットになっているというパターンもあるようです。

ルメアの脱毛効果はどれくらいで実感できる?

フィリップスルメアでの脱毛の照射時間の目安としては、最上位機種のプステージ/プレシジョンプラス/アドバンスで、ひざ下片側8分・わき片側1分・ビキニエリア4分・顔1分となっています。

一応、販売元のフィリップスでのアンケート結果では、ユーザーの使用テストで80%以上の人が「わずか2回のお手入れで効果を実感した」と答えているそうです。

確かに、あらゆる販売元(アマゾンや楽天)や口コミサイトを見ても、脱毛効果の高さは確かなようです。ただ効果がでる期間には個人差があり、フラッシュ脱毛での平均は5回〜6回。毛質的に剛毛で濃い人や男性のヒゲなどは10回以上やってもなかなか効果が出ずらいという場合があります。
 
 
フィリップスの光美容器ルメアシリーズは、ヨーロッパでは満足度5年連続トップという実績のある脱毛器です。美意識の高い日本人にもその実力が認められ人気は上昇しています。

美容家電販売の実績がまだ浅いとはいえ、これだけの性能の脱毛器を展開しているフィリップス。今後も多くの商品が期待されます。フィリップスのルメアシリーズが気になった方は試す価値あり!です。